top of page

【株式会社ソアー22からのお知らせ】

2024.2.8

​ホームページのUI/UXを改善し、リニューアルいたしました。

2024.2.6

​【ソアー22からのお知らせ】を新たに追加いたしました。

2023.10.25

​児童養護施設スポンサーとなりました。

【株式会社ソアー22の外観検査】

ソアー22では、電子デバイスの目視外観検査迅速かつ高品質にご提供しています。小ロットで自動外観検査装置に適していない製品の不良検出や品質の向上、コストの削減のお手伝いをさせていただいております。

【外観検査目視方法】

01

明るい照明の確保:

製品や部品を検査する場所には、明るい照明を確保します。均一かつ明るい照明が不良や欠陥を見つけやすくします。

02

検査項目の定義:

検査対象となる製品や部品において、どのような外観的特徴が欠陥や不良を示すかを定義。例えば、割れ、傷、歪み、塗装のムラ、汚れ等です。

03

検査担当者のトレーニング:

検査を行う担当者には、適切なトレーニングを提供し、欠陥や不良を正確に識別できるようにします。また、検査基準についての統一性を確保するため、定期的なトレーニングやフォローアップを行います。

04

検査手法の選択:

検査手法には、製品や部品の回転、傾斜、拡大鏡やルーペの使用などが含まれます。製品や部品の形状や特性に応じて適切な検査手法を選択します

05

検査領域の分割:

大きな製品や部品の場合、検査領域を適切に分割して、全体を網羅的に検査します。これにより、見逃しやすい欠陥を防ぎます。

06

検査レポートの作成:

検査結果を記録し、不良や欠陥の種類、位置、数量などを含む検査レポートを作成します。これにより、品質管理や品質改善のための情報を得ることができます。

07

改善のフィードバック:

検査結果に基づき、製品や部品の品質改善に向けたアクションを実施します。欠陥の原因を特定、製造プロセスや品質管理手順の改善を行います。

bottom of page